テイクアウト お持ち帰り お弁当

  • ‪☎️0480-63-0068 (^ ^) #加須市‬
  • 天丼 うどん かつ丼

‪お席のみのご予約も承ります⬇︎ ‬

‪#加須テイクアウト #加須お持ち帰り‬

‪#うどん酒房たぬき #加須宴会 #加須居酒屋 #加須うどん‬ #うどんサミット #久喜 #久喜市 #行田 #行田市 #羽生市

 

https://www.udon-tanuki.com/lp/

‪#加須 #羽生 🍻#カゾテク‬

‪‪            お持ち帰りメニュー 

    テイクアウトメニュー

 

詳細はこちら

うどん酒房たぬきは、「お持ち帰りメニュー」も美味しい!と大評判

うどん酒房たぬきは、ランチメニューとして「昼のたぬき」夜のメニューとして「夜のたぬき」という昼と夜で2つの顔を持つ美味しくて居心地の良いうどん屋さんです。

そんなうどん酒房たぬきでは、「お持ち帰りメニュー」も充実しています。

電話予約すると、待ち時間なく持ち帰ることができるので、近隣の人たちにかなり人気があり評判です。

お持ち帰りメニューは、1番安いもので240円、1番高いものでも500円とかなりリーズナブルで、うどんはもちろん、丼ものも豊富にあります。

とくにおすすめなのが、店名と同じ「たぬきうどん」で、240円でしっかり楽しむことができます。

うどんと丼もののセットものがあったり、一品物も持ち帰って楽しむことができるので、食事、お酒のおつまみの両方がいけると人気です。

また、生うどんや生そばも販売しているので、自宅で茹でて食べるという人も多くいます。生うどんなら2人前(330g)が200円、生そばなら2人前(300g)が300円ととってもお得です。

近所の人の中には、生うどんや生そばを定期的に購入し、お店の味をいつでも自宅で楽しんでいるという人も少なくありませんので、そういう利用もいいですね。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

日本三大うどんとは?

日本人にとってうどんは切っても切れない料理です。週に複数回うどんを食べる家庭も少なくなく、日本で広く愛されている料理だと言えます。今回は日本の三大うどんについてお話ししたいと思います。

 

日本には「三大うどん」と呼ばれているうどんがあります。三大うどんには諸説あるのですが、ここでは一般的に言われている三大うどんを紹介したいと思います。

 

  • 讃岐うどん

讃岐うどんは香川県を代表するうどんで、やや太めの麺と強いコシが特徴的です。

以前は足で生地を踏む製法が主流でしたが、現在では手打ちが主流となっているようです。

 

  • 稲庭うどん

稲庭うどんは秋田県を代表するうどんで、ツルツルとしたのどごしが特徴的です。

地元のキレイな水と小麦粉を使用しており、ツヤとコシを楽しめます。冷やしうどんやカレーうどん、鍋焼きうどんなどの食べ方が人気です。

 

  • 水沢うどん

水沢うどんは群馬県の伊香保町で誕生したうどんで、小麦と塩、水沢の水を使用して作られています。生地を長時間寝かせることで、水沢うどんの特徴である強いコシと弾力のある麺が生まれます。

 

加須うどんは三大うどんに負けないくらいおいしいうどんです。加須へお越しの際は、ぜひ当店自慢の加須うどんをご賞味ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

うどんのルーツとは?

皆さんはうどんをよく食べますか?うどんは比較的リーズナブルな価格で手軽に食べられるため、日本全国で広く愛されている料理だと思います。そこで今回はうどんが生まれたルールについてお話ししたいと思います。うどんのルールについてよく知らないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

うどんのルーツには諸説ありますが、一番有力な説は奈良時代に中国から伝わった「こんとん」を起源とする説です。「こんとん」は小麦粉で作られた団子のようなもので、それを温かい汁に入れ食べ始めたことが始まりだと言われています。

現在のように、出汁と醤油で味付けした汁でうどんが食べられるようになったのは1600年代後半のことです。醤油が庶民の手にも入るようになり、その頃からうどんは庶民の料理として日本中で愛されています。

 

うどん酒房たぬきは、埼玉県加須市のソウルフードである「加須うどん」を提供しているお店です。当店のうどんは原料からこだわっており、最高級自然海塩を使用しております。また製麺にも力を入れており、お客様に加須うどんのコシを楽しんでもらえるようにこだわりの自家製麺でうどんを提供しております。

ぜひ加須うどんは当店でお楽しみくださいね!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

加須うどんの歴史と特徴

加須うどんの歴史は今から約300年前までさかのぼります。今から300年前の江戸時代半ば、利根川の渡船場や不動岡にあるお寺の門前で参拝客をもてなしたのが、加須うどんの始まりとされています。

 

加須うどんの特徴は「コシの強さ」と「のどごしの良さ」です。加須うどんは基本的に手打ちで製造されており、「足踏み」や「寝かせ」といった手打ちうどん独特の作業を何回も繰り返し行うことでコシの強さとのどごしを実現しています。

また加須うどんの特徴として、夏場と冬場で麺の太さが変わるということがあります。夏場にはズルズルと口の中に入るように細いうどんを、冬場はひもかわうどんと季節によって各店舗がうどんの太さを変えています。

 

加須うどんは水洗いしたうどんにあっさりと冷たいつゆをかけて食べるのが一般的ですが、最近では店によって提供されるスタイルは変わっており、以前よりも加須うどんの食べ方がバラエティ豊かになったようです。

 

うどん酒房たぬきは、国道125線沿いにある加須うどん屋さんです。加須にお越しの際には、ぜひ当店のうどんをご賞味ください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く

有限会社 三愛電設