新しいスイーツ!?「甘いうどん」のアレンジ

うどんは、出汁から作ったつゆと合わせて、薬味や具材をトッピングしていただくのが
もはや一般的な食べ方で、それは、日本全国共通の食べ方だといえます。


しかし、考えてみれば、うどんというのは小麦粉に水と塩を加えて練った生地を切ったもの。
お菓子やパンの生地と使っている材料は、さして変わりはないのです。
ですから、甘いものにも当然よく合うのです。

ふんわりと温かい釜ぬきの麺に、温かいあんこを加えたうどんは
ぜんざいやお汁粉のような感覚ですし、
いっぽう、冷やした麺に、黒蜜ときな粉をのせたら
まるで、白玉などの和スイートを思い起こす一品といえるのではないでしょうか?


全国各地の農村漁村で脈々と受け継がれる郷土料理には
地域の歴史や文化、そして生活がその人さらに凝縮されていますが
実際に、岩手県の「ばっとう」という郷土料理は、まさに甘さ控えめの小豆汁に
温かいうどんが入ったもので、お祝い事でふるまわれるのだそうです。

また、讃岐うどんで有名な香川県でも、あんこ餅を入れたうどんが
「あんこ雑煮うどん」と呼ばれ、TVでも紹介されていたこともあります。
いちど食べれば病みつきになり、通販で取り寄せる人もいるのだとか。


こうして調べてみると、甘いうどんも全国にあるのですね。
スイーツのような食べ方も、先人の知恵として受け継がれているようです。
ちなみに、茹でた面を一本ずつ天板に並べて、オーブンできつね色に焼き
砂糖やチョコレートを絡めると、甘いスナック菓子にもなります。

 


加須市の「うどん酒房たぬき」はお昼は本格「加須うどん」を中心にお得なランチを提供し、夜は安くて豊富な料理とお酒で「飲んで食べれる」居酒屋として営業しています。
また、うどん・そばのお持ち帰り、各種ご宴会も承っております。女子会や家族連れの方もぜひお越しください。

ご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ!





 

メニューを開く

有限会社 三愛電設