うどんの始まりはいつ?

今回はうどんの始まりについてお話ししたいと思います。

うどんが好きな方、うどんに興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 

うどんの始まりについては諸説あります。ここでは有力な2つの説を紹介します。

■こんとん説

「こんとん」とは奈良時代に中国から伝わったものです。具

体的に言えば、小麦粉で作った団子に刻んだ肉が入っているものです。うどんはこんとんを汁物の具としたものを食べるようになったのが始まりとされた説が有力です。

 

■空海による伝来説

うどんといえば「讃岐うどん」が有名ですね。讃岐地方では、空海がうどんを日本に広めた説が有力とされています。

空海は遣唐使と一緒に唐に渡っています。その際にうどんを知り、日本に広めたと言われているのです。

讃岐地方で有力な説なので、は空海が広めたという説が有力だという方は多いです。少なくとも、うどんは中国から伝わったというのは間違いないようです。

 

加須市の「うどん酒房たぬき」はお昼は本格「加須うどん」を中心にお得なランチを提供し、夜は安くて豊富な料理とお酒で「飲んで食べれる」居酒屋として営業しています。生ビール399円、ハイボール299円の低価格で提供しています。

また、うどん・そばのお持ち帰り、各種ご宴会も承っております。女子会や家族連れの方もぜひお越しください。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く

有限会社 三愛電設