加須うどんってどんなうどん?その特徴とは

埼玉県加須市でうどん屋を営んでいるうどん酒房たぬきです。
うどん酒房たぬきでは地元の名物うどんとして知られる加須うどんをご提供しています。

加須うどんの歴史は約300年前の江戸時代からといわれています。
現在も加須市は5社以上の製麺業者が存在し、製法にこだわりを持った業者がしのぎを削っています。

例えば、お土産用や贈答品として販売されている、手ぼし麺は加須を代表するうどんと言えるでしょう。

足ふみを行ってから寝かせ、コシの強さとすっきりとした喉越しが特徴のうどんです。
うどん屋さんによっては、うどんの太さを変えているケースもあります。
夏場はすっきりとした喉越しを実現するため細うどん、冬場は汁の温かさをしっかりと浸透させる意味でひもかわうどんが人気です。

そして夏場は水洗いを行い、うどんを冷やして、冷たいつゆでいただくのが加須うどんの定番になっています。

うどん酒房たぬきでも、加須うどんをご提供しています。
麺づくりはその日の温度や湿度などによって熟成時間を微調整する必要があると考えています。

いつでも美味しいと感じられるうどんが食べたいとお考えの方は素敵うどん酒房たぬきにお越しください。

バリエーションも多く、飽きがこないラインナップとなっています。

お問い合わせはこちらから

メニューを開く

有限会社 三愛電設