うどんはご馳走だった?加須うどんのルーツを紹介

加須うどんのルーツを、あなたはご存知でしょうか?

この記事では、加須うどんのルーツを歴史と気候の点からご紹介します。

加須うどんの始まりは江戸時代から

加須うどんの歴史は、300年以上前の元禄時代に遡ります。元禄時代、現加須市に当たる地域では2毛作が行われていました。

2毛作とは、米と大麦・小麦を交互に栽培する方法です。このうち米は年貢として納める必要がありました。

また大麦は味噌や醤油の材料に。残った小麦から作られるうどんは、当時の農民にとってはごちそうでした。

江戸時代の事情が、加須市のうどん文化を形成したわけですね。

埼玉県は小麦の栽培に適している

ではうどんの原料となる小麦は、そもそもなぜ埼玉県で栽培されていたのでしょうか?その理由は埼玉県の気候にあります。

加須市のある埼玉県北部は、冬に晴れの日が多く、また日が出ている時間も長いです。

日照時間が長いということは、その分光合成ができる時間も長い、ということ。日照時間の長い加須市は、小麦の栽培に適しているのです。

実際に埼玉県は全国第7位の生産量を誇っています。

 

埼玉県の気候と歴史が産んだ加須うどん。あなたも「うどん酒房たぬき」で、加須うどんを味わってみませんか?

メニューを開く

有限会社 三愛電設