美味しいうどんには塩が必須?塩がうどんにもたらす4つの効果!

あなたは、うどん作りに塩が使われている理由をご存知ですか?

実は塩には、うどんを美味しくする4つの働きがあるのです。

今回はその4つの働きをご紹介。これを知れば、うどんがもっと美味しく感じられるかもしれませんよ!

 

コシを強くする

うどんのコシは、グルテンという網目状の物質が生み出しています。そして塩には、グルテンをより強くする働きがあります。つまり塩によって、うどんのコシが強くなるのです。

茹で時間を短くする

塩を含んだうどんを茹でると、塩がうどんから湯へと溶け出していきます。その隙間に湯が入りこむため、塩を使ったうどんはより早く茹で上がるのです。

乾燥を抑え、保存状態をよくする

塩には水分を蓄える働きがあります。そのため塩を含んだうどんは乾燥しにくくなります。また乾燥を抑えるため、ひび割れも防げます。

風味をよくする

うどんを茹でるとき、うどんに含まれた塩分がわずかながら残ります。他の料理と同様に、そのわずかな塩がうどんの味を引き立ててくれます。

 

「うどん酒房たぬき」では、最高級の自然海塩「46億年」を使用しています。自然海塩「46億年」は、麺専用に開発された食塩です。

「うどん酒房たぬき」で、コシのあるうどんを食べてみませんか?

メニューを開く

有限会社 三愛電設