加須うどんは普通のうどんとどう違う?

加須市の名物、加須うどん。加須のこの地では昔から小麦の生産が盛んで、現在でも冠婚葬祭の締めにはうどんが振る舞われるなど人々の暮らしと深く関わってきた馴染み深い食べ物です。

 

加須のうどんは、コシが強く加水率が高いのが特徴です。加水率とは小麦粉に加える水分量のことで、加水率が低めだと硬めの麺に、多めだとぷるぷるの柔らかい麺になります。柔らかいだけでは食べ応えのない麺になってしまいますが、熟成や踏み鍛えなどこだわりの製法を経て、のど越しがよくコシのある自慢の麺に仕上がります。

 

手間暇かけて作ったこだわりの麺ですが、たくさんの方に気軽に召し上がってほしいという店主の想いから、安さにもこだわってお出ししています。安くて美味しいたぬきのうどんをぜひお腹いっぱい召し上がってくださいね!

 

埼玉・加須市の『うどん酒房たぬき』は、ご家族連れから宴会まで幅広いお客様にお楽しみいただけるお食事処です。昼は本格「加須うどん」を中心に、夜は豊富なメニューで「飲んで食べれる」居酒屋に。リーズナブルな価格なのに大満足のボリュームで、日夜多数のお客様にご来店いただいています。

電話予約のできるお持ち帰りメニューもご用意しています。お店で、ご自宅で、いつでもでき立てのたぬきの美味しい料理をお召し上がりください。

 

お問い合わせはこちらから

 

メニューを開く

有限会社 三愛電設