うどんのルーツとは?

皆さんはうどんをよく食べますか?うどんは比較的リーズナブルな価格で手軽に食べられるため、日本全国で広く愛されている料理だと思います。そこで今回はうどんが生まれたルールについてお話ししたいと思います。うどんのルールについてよく知らないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

うどんのルーツには諸説ありますが、一番有力な説は奈良時代に中国から伝わった「こんとん」を起源とする説です。「こんとん」は小麦粉で作られた団子のようなもので、それを温かい汁に入れ食べ始めたことが始まりだと言われています。

現在のように、出汁と醤油で味付けした汁でうどんが食べられるようになったのは1600年代後半のことです。醤油が庶民の手にも入るようになり、その頃からうどんは庶民の料理として日本中で愛されています。

 

うどん酒房たぬきは、埼玉県加須市のソウルフードである「加須うどん」を提供しているお店です。当店のうどんは原料からこだわっており、最高級自然海塩を使用しております。また製麺にも力を入れており、お客様に加須うどんのコシを楽しんでもらえるようにこだわりの自家製麺でうどんを提供しております。

ぜひ加須うどんは当店でお楽しみくださいね!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

加須うどんの歴史と特徴

加須うどんの歴史は今から約300年前までさかのぼります。今から300年前の江戸時代半ば、利根川の渡船場や不動岡にあるお寺の門前で参拝客をもてなしたのが、加須うどんの始まりとされています。

 

加須うどんの特徴は「コシの強さ」と「のどごしの良さ」です。加須うどんは基本的に手打ちで製造されており、「足踏み」や「寝かせ」といった手打ちうどん独特の作業を何回も繰り返し行うことでコシの強さとのどごしを実現しています。

また加須うどんの特徴として、夏場と冬場で麺の太さが変わるということがあります。夏場にはズルズルと口の中に入るように細いうどんを、冬場はひもかわうどんと季節によって各店舗がうどんの太さを変えています。

 

加須うどんは水洗いしたうどんにあっさりと冷たいつゆをかけて食べるのが一般的ですが、最近では店によって提供されるスタイルは変わっており、以前よりも加須うどんの食べ方がバラエティ豊かになったようです。

 

うどん酒房たぬきは、国道125線沿いにある加須うどん屋さんです。加須にお越しの際には、ぜひ当店のうどんをご賞味ください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

「加須うどんの日」

「加須うどんの日」をご存知ですか?

 

うどん酒房たぬきのメインメニューである加須うどんですが、実は「加須うどんの日」が2013年に決定されたんです。

 

「加須うどんの日」は、6月25日。

 

埼玉県加須市の郷土料理である「加須うどん」の魅力を全国に発信することによって、地域経済の活性化を図ろう!という目的から、6月25日が「加須市うどんの日」と条例で定められました。

 

なぜ6月25日かというと、加須市内の不動ヶ岡不動尊總願寺に、加須市の名物である「饂飩(うどん)粉」を贈られた館林城主からの礼状がその昔残されていたそうです。

そしてそのお礼状の日付が6月25日であったことが由来となっています。

 

うどん酒房たぬきでは、しっかりとしたコシとつるんとしたのどごしが自慢の手打ち「加須うどん」のほか、サラダや天ぷら、玉子焼き、天ぷら、もつ煮などなど…な様々なメニューをご用意しております。

 

昼はランチ営業、夜は居酒屋としても営業しておりますので、ぜひお気軽にご来店ください。

 

お子さま連れやご家族連れはもちろんのこと、女子会や宴会などのご予約もお待ちしております。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

加須うどんの歴史

うどう酒房たぬきの1番のおすすめは…なんと言っても手打ちの加須うどんです。

 

実は「赤もつ煮」や「おっきい玉子焼き」「海老好きのための海老天丼」なども加須うどんに負けず劣らず人気をいただいているのですが、やはり一度は加須うどんを食べていただきたいな〜と思っております。

 

一度食べたら、ほどよいコシとツルっとしたのどごし、噛めば噛むほど味わい深いの自家製加須うどんの虜になっていただける自信があるんです!

 

埼玉県加須市や周辺地域では、その昔川の氾濫によって栄養分たっぷりな肥沃な土が運ばれ、小麦の栽培に適した地だったそうです。

そのため、この周辺ではお米よりも小麦の栽培が盛んでした。

 

そして「加須うどん」は江戸時代半ば頃に、不動ヶ岡不動尊總願寺の門前で、うどんを参拝客に振る舞ってもてなした…というのが始まりだと言われています。

 

明治時代には、青縞織りという織り物の市が定期的に開催されたそうで、この織り物市に関東のさまざまな地域からから人が集まるようになると、織物職人や商人の方などのランチや土産物として加須うどんは発達しました。

 

うどん酒房たぬきの加須うどん、ご家族連れのランチや女子会、宴会でも味わってみてくださいね。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ふわふわ卵焼きの裏技

うどん酒房たぬきでは、当店自慢の手打ち加須うどんをメインに、昼はランチ・夜は居酒屋…とお客様のご来店を楽しみに待っております!

 

ぜひご家族さま、お友達、仕事仲間‥皆さまお誘い合わせのうえでご来店ください。

もちろん一人飲みも大大歓迎です!!

 

今回は当店で人気の「おっきい厚焼き玉子」のように、ご自宅で簡単にふんわりとした卵焼きを作る裏技をご紹介したいと思います。

 

厚焼き玉子をご自宅の火力や卵焼き用のフライパンで作るとなかなかフワフワにならない…という方におすすめな裏技アイテムが「マヨネーズ」と「炭酸水」です。

 

マヨネーズを卵液に少し加えてあげることで、冷めてもフワフワと柔らかいままの卵焼きを実現することができるんです。

お子さんのお弁当に入れる卵焼きなどでぜひ試してみてくださいね。

 

次におすすめのアイテムが…なんと「炭酸水」です。

ほんの少しだけ(卵3個に対して炭酸水大さじ2杯程度を目安に)いつもの味付けをした卵液に炭酸水を加えてあげてみてください。

炭酸水の中の気泡が熱を加えてあげることでフワフワ卵焼きになるお手伝いをしてくれるそうです。

 

ご自宅でフワフワの卵焼きが作れるようになっても、うどん酒房たぬきの卵焼きも食べに来てくださいね!

 

宴会のご予約も承っております。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く

有限会社 三愛電設